前へ
次へ

美容整形手術前にはダウンタイムの準備を

脂肪吸引のような美容整形手術をする場合でも、美容外科では日帰り手術が一般的です。外科的な手術をする前には、その後の準備もしておく必要があります。メスを使う手術であれ吸引機器での脂肪吸引であっても、美容整形手術にはダウンタイムが伴うためです。そのような内容のメニューを希望するのか、手術内容にもよりますが、数日から数ヵ月などの期間があります。小さな脂肪吸引であっても、吸引した箇所を固定しないとならないので、専用のサポーターは必要です。お腹の脂肪を少しだけ取ったとしても、最低1ヵ月はサポーターを付ける必要があります。ひと月もすれば患部も落ち着いてきますが、切った部分が急に強い痛みを伴うこともあるため、痛み止めなどもしばらくは手放せません。顔など見える部分の美容整形手術の場合は、しばらくは会社を休むことになるケースもあります。そのため回復までに時間がかかる手術の場合は、長期的な休みに合わせてのほうがあっていますし、中には会社を辞めて整形をして新たに働き始める人もいるくらいです。いずれにしても顔などの手術をしたら、内出血や腫れが当分はあるので、普通に顔を出して出歩くことには抵抗があります。また安静にして回復を待つ方が安全なので、おとなしくしばらくのあいだは自宅で過ごすことです。数日は家から出られないことを予測しておき、食べ物や飲み物に日用品もストックを買いそろえておきます。公共料金の支払いを現金でしている人は支払いを終わらせて置き、ほかにも外へ出ないといけない用事は全て済ませておくことです。必要なものはネット注文をすればいいと考えるかもしれませんが、宅急便の受け取りをすることになるので、本人が気になってしまいます。最初は内出血で青くなったり肌が黄色くなったり、不安は大きくなりますが回復をする過程です。外に出ても平気なくらいになるまで、痛みも治まるまではおとなしく、家の中で安静に過ごすようにします。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren1set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top